まずは無料カウンセリング♪初回は施術料半額です!

「自分の1番心地いい」を見つける鍼灸院です

最新のお知らせはコチラ

プロフィール

私たち夫婦共に鍼灸師です!

 

院長 清原大貴

 

院長のひろたかです

 

私は兵庫県尼崎市出身で、

石川県になんの所縁もありませんでしたが、

妻が石川県加賀市出身ということで、

第一子誕生とともに、石川県金沢市に移り住むことになりました。

 

私は寒がりで冷え性で雨の日には体調が悪くなる体質で・・・

なぜ雨が多く寒い北陸に来たのか、いまだに謎です(笑)

 

さて、今まで兵庫・大阪・石川で鍼灸治療をしてきましたが、

こんな悩みを持った方に施術してきました!

 

・数年クリニックに通ったけど着床もしたことがない30代後半の妊活夫婦

・将来は高校野球で甲子園出場を目標にしていた中学生の野球少年

・あの思い出のズボンをまた履きたいけどダイエットが出来ない60代女性

・子育てがひと段落したけど今後の自分は何をしたら良いのかわからくなった40代女性

・サックスの音が大きく出ないと悩んでいた高校生の吹奏楽部員

・有料老人ホームで転倒&骨折をしてしまい立てなくなってしまった80代女性

 

下は10歳の小学生~上は100歳までという幅広い方々を治療してきました。

 

そんな中でも私の鍼灸師人生を変えてくれたのは、

鍼灸師になりたての頃に出会った小学生の野球少年です。

 

最初の頃の私の治療は、

「その人に合った治療」ではなく、

「その症状にあった治療」をしていました。

 

症状に応じて治療をしているので、肩こりなら肩を力一杯押さえて緩めるなど、

少々力任せな治療になりがちでした。

 

しかし、そんな力任せの治療で少年はチカラを抜いてリラックスしてくれません。

手技治療でもチカラが入ったままだと上手く出来ないし鍼も出来ない・・・八方塞がりでした。

 

その時に「症状は軽くならないかもしれないけど、この子に合わせた治療をしてみよう」と諦め半分に治療しました。

内容は、チカラが入るならそれを利用した「筋トレ」

 

その子は肘や肩が硬いので、「なるべく肩をほぐして・・・」と考えてましたが、

力を入れる筋トレは完全に逆の事をしました。

 

まさかのこれが大正解。

 

少年は良い具合に力が抜けるようになり、

肩や肘の痛みも無くなって、

手技治療もすんなり出来るし、

おまけに球速も上がって・・・と、

いままで悩んでいた私は何だったんだと(泣)

 

結局、痛みが出ているその部分ではなく、

全体のバランスや、

その人自身の心身構造から読み解く必要があるんだなとわかりました。

 

「木を見て森を見ず」とはまさにこれですね。

 

それからは症状が出ていても出ていなくても、

症状がある所だけでなく、

この人の核になる部分はどこだろう?と考えるようになりました。

 

体力がある人なのか?精神的に強い人なのか?など、

心と体を共に診ます。

 

なので、妊活中の方や、ダイエットの方など、

目に見える症状が今は無くても鍼灸治療をすることが可能です。

 

また、今まで診てきた悩みを持った方の事も、

ブログでお話しできれば良いかなと思います。

 

妊活だけでなく、様々な事に興味を持っていますので、

気軽にお話し頂けると大変うれしいです。

 

石川県に友達がいませんので、

お友達も大募集です(笑)

 

 

 

マネージャー 清原 恵里奈

1990年生まれ

石川県加賀市出身

はり師 きゅう師

せんねんきゅうセルフケアサポーター

 

小学1年生〜高校3年生までバレエを習っていた影響で、

「舞台に立つ誰かをサポートしたい」と鍼灸学科のある関西医療大学に進学。

鍼灸師国家資格取得後、将来的に鍼灸院を独立開業することを目標に、

大阪府内で鍼灸院、整形外科リハビリ、エステ店、リラクゼーション店などで勤務し、様々な経験を積みました。

2014年、結婚。

2016年、長男妊娠・出産を機に、故郷石川県で子育てがしたいとJターン。

同年12月、鍼灸院「はりきゅうspace Art」開業。

2018年、長女出産。

何やかんやで現在に至ります。

最近は女性鍼灸師もたくさん活躍していますが、やはりまだまだ男性が多い鍼灸業界。

大阪の病院で修行時代は、若かったのもありますが、女性というだけで(特に年配の)患者さんからナメられてしまい、辛い思いもしましたが、

今は逆に、女性であるからこそ体験できた

妊活〜妊娠・出産の経験、子育てなどを通して学んだことも生かして、

子供からお年寄りまで多くの女性のサポートをしています。

 

治療院内では、

女性施術者希望の患者様や、美容鍼灸、小児はりを中心に施術を担当。

そのほか、毎月発行の治療院の手書きニュースレターや

院前の黒板、季節ごとの院内の模様替え、

販売お灸のディスプレイなどなど、

患者様へのおもてなしにも、密かに尽力しています。

 

定例開催のお灸教室も担当。

お灸教室の詳細はコチラ↓

 

また、自身のバレエの経験も生かし、

ダンスや芸術系スポーツ女子のための心と身体のヘルスケア活動を行なっています。